• お問い合わせ
  • お見積り

株式会社大信住器

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お見積り
  • トップページ
  • 大信住器のリフォーム
  • リフォームができるまで

ブログ

外壁塗装でイメチェン(^o^)丿

2018.11.28

おはようございます。『現場アウトプットマン』元吉です。

いつもリフォーム実況をブログでは中心にお伝えしておりますが、お家の中が中心でお話していたと思います?!(‘;’)

今日は先日からリフォームしておりほぼ完成しましたお家の外リフォームの様子をツイートしますのでぜひ楽しんでください。

 

そうです。写真を見れば一目瞭然ですね(^^♪【外壁塗装リフォーム】でーす。

 

 

これは施工前の外壁の様子です。壁はサイデイングに屋根はコロニアル素材でした。あまりにも塗装が剥げているという状態ではありませんでしたが、チョーキングと言って壁を触ると白い粉のようなものが手に付く現象です。これは『そろそろ塗装の時期ですよ』とお家さんが教えてくれるいわば、サインです!

外壁塗装は見た目だけではなく、雨漏り防止や家の下地全体を保護してくれる役割もあります。一般的には10年に1度と言われていますが、10年ごとにしっかり塗装をするご家庭もそれほど多くはありません(これは主観が入りすぎているので参考にしないで!!)

ずーと塗装せずに放置しておくと、下地自体の劣化が早く、最後にはサイデイング自体を張替必要など逆に費用が多くかかるケースもありますので、塗装は家の為にも大事なことですね。

 

これはお祝いのビールかけではありません…(*’ω’*)

高圧洗浄と言ってまずは今まで付いていた汚れやコケをしっかり洗い流す工事です。結構水が周辺お家に飛び散るので、近隣挨拶など入念な前準備は必要ですね。

結構勢いもある水なので、例えば外壁ブロックの汚れなども結構綺麗に取れますよ。

 

まずはサイデイングとの継手のコーキングが割れていたので全て打ち替えしています。これも状態によりますが、あまり割れてなければ不要な工事です。

 

次はまた屋根に上ります。あっちもこっちも意外と忙しいですね(笑)

これはプライマーと言って屋根塗料がしっかりくっつくような塗料と思ってもらえれば大丈夫ですね。

 

次に2度目の塗装です。ここから色が付いていきます。今回はブラック色を採用。

この上に3度目塗装をして屋根塗装は仕上げになります( ..)φメモメモ

 

これで屋根塗装は終了。綺麗な屋根に生まれ変わりましたね(^o^)丿

 

次も同じようにまずプライマーを塗りました。プライマーは透明なので塗った後はあまり分かりにくいですがちゃんと塗っておりますのでご安心を。

色が変わりだしたところが2度目塗装で同じく色味が出てきます。

塗装色の色味は結構多いです…選ぶのも小さいサンプルから選ぶので案外大変な作業だと思います。

そのような時にこれは裏技ですが、2度目を塗っていただいてお客様に色味を確認してもらい、その後、『これでOKだね!』と確認もらって3度目分の材料を注文するという方法も出来ます。

何度も色変更は出来ませんが(追加塗装分をいたければもちろん出来ますが…)このように色合いを一度確認出来ることはお客様や業者にとっても安心ですね。

少し注文関係で工期が伸びることは十分予想されるのでこの点はご注意ください<(_ _)>

 

これが3度目の塗装様子です。少し色味が濃ゆくなりますね。この手はまさにゴットハンド!!最後まで頑張ってください。

今回採用した塗料は2液性溶剤シリコン。ウレタンやシリコン、フッ素など塗装種類はありますが、2液性溶剤シリコンは結構グレードとしては高い塗料材です。

耐久性も13~15年程度たもつことが出来ます。特徴としては2液なので硬化が速く、外壁にもくいつきが良く仕上がりを触ると少し硬い感じです。

デメリットは硬化するので、塗料を翌日に持ち越して塗装が出来ない。中途半端に昼から塗装など始めると段取り的に塗料ロスが出るなどなどです。

水性シリコンに比べてもコストが少しかかりますが、塗装耐久性を考えればこのクラスが一番お勧めですね( ..)φメモメモご参考に

 

 

おーーーー(‘;’)大きくイメージが変わりましたね。濃ゆいグレー色の落ち着いた立派な仕上がりに!

これからも長い間大事なご自宅ですからね。

 

この度はHPより弊社を探してご依頼いただきまして本当にありがとうございました<(_ _)>