• お問い合わせ
  • お見積り

株式会社大信住器

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お見積り
  • トップページ
  • 大信住器のリフォーム
  • リフォームができるまで

ブログ

第4話最終話『ここまで変わるんですね…リフォームとは』R様邸マンションリフォーム

2019.04.07

 

 

おはようございます。『現場アウトプットマン』元吉です。

今日は続編ブログシリーズをツイートして行きたいと思います。

ちなみに今回第4話は感動の最終話です。1月30日(水)第1話「これがどこまで変わるんですか??」、2月9日(土)第2話「床や天井が出来て大きく変わっていく~」、4月4日(木)第3話「職人魂をもってガッツリリフォーム仕上げまっせ」公開しておりますので、ぜひ合わせてご覧いただければ嬉しい限りです( ◠‿◠ )

 

~前回までの簡単なあらすじ~

古くなった住宅のリフォーム前様子と和室や水回りを解体してスケルトン状態にした様子などなど、リフォーム現場をあまり見慣れていない方には新鮮に見えたはず?!

間取りを変更するにあたり床や壁など造作して、キッチンも対面タイプの準備をする、床を張ってドア枠なども取付、ユニットバスを設置されて、天井も出来上がってきた様子

ミスモデルノが設置されたり、大工工事も終盤を迎え塗装やクロス、設備工事などあらゆる職人の熱意ある仕事の様子

みたいな感じでしたね(^^♪

 

今日は仕上がりの様子を私も含めしっかり堪能しようと思います。

心と時間の準備は大丈夫でしょうか??

それではレッドカーペットの向こう側に見える絶景を見に行きましょう(ブログは音が発信出来ないので本当に残念(*ノωノ))

 

 

その前にその絶景写真を撮影している写真をご覧ください。

弊社写真や動画作成を担当して手掛けているプロカメラマン職人さんです。(クリエーター?!)

彼らは毎回リフォーム変わり映えにとっても興奮されて撮影されています。良い絵面をアウトプットするにもプロ撮影に限りますね。

まずはリフォーム後の何もない状態でパシャリ(^^♪

 

今回テーブルやソファー、TVボードや小物、照明器具など設置して、実際の生活感が分かりやすいようにホームステージングという作業を行いました。

その後、再度撮影開始です。写真と動画のコラボレーション!(^^)!いつもあざーす!!

 

あらゆる角度から撮影完了です。プロならではの納得の撮影が出来て少し安堵の様子です。また来月の現場でお会いしましょうね(#^.^#)

 

 

それでは、先ほど撮影しましたカメラマンによる超広角アングルでウソ偽りのないありのままの仕上がり様子になります…

 

 

・・・LDKは和室琉球畳と一体型で広い対面式キッチン

 

 

ちょっと待って。同じアングルbefore見てくださいませ。

 

 

建具を閉めれば和室と間仕切り出来ます…

 

ほら。こんな風に

 

これがホームステージングする前後の様子。やっぱり家具が入ると生活イメージが付きやすいですね。

 

毎日が楽しいことでしょうね…

キッチン上の下げ天井にはダウンライトで明るくアクセント木目柄デザインがより一層LDKを魅力的に演出してくれます.

 

料理もさぞかし美味しいはずです.

 

 

TVも広く寛いで見れますね。窓横のデッドスペースには造作棚を設置して魅せる収納へ..

 

和と洋の融合.それに派手すぎない…でもモダン

 

ドアを閉めると6畳の和モダン和室.収納も広くたっぷり出来ますね…

 

 

別角度からのワンショット。

対面式キッチンからの景色です。使いやすそう…

もちろん食洗器やIHヒータースタンダード仕様..

 

以前は壁付システムキッチンでしたね…変化がスゴイ…

 

ニッチなど細かい所も配慮されています…

 

 

ユニットバス、トイレ、洗面台は最新設備設置…

 

洋室はあっさりとした広い部屋.

 

もう1つの洋室は大きなクローゼットもあります..

 

玄関からの写真..以前に比べるととっても明るくなりました.

 

ですね…

 

 

玄関も上品になりました…

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか??

題名でもあるようにリフォームって客様のご生活スタイルや色合いに合わせてカスタマイズ(自分の思い通り)にすることが楽しく大きく変えることが出来ます。

もちろん構造上や柱が抜けないので全てが出来るとは言えませんが…

 

結論として業者もお客様(クライアント)も双方に利益のある円満なリフォームがこの世に増えることを心から願うばかりです<(_ _)>

皆様の少しでもご参考になれば作り手としては嬉しい限りです。

 

最後までご購読いただきました皆様ありがとうございました。

 

またどこかでお会いできるのを楽しみにしております。

 

Happy  END  ( ^)o(^ )